イスタンブールで迎えた誕生日

昨日、四月は私の誕生日があるとお話ししましたが、今日は異国で迎えた誕生日の話をしたいと思います。

一昨年の四月、トルコのイスタンブールに行ってきました。

イスタンブール滞在中に誕生日を迎える日程で行ったので、誕生日は何をして過ごそうかと思っていたのですが、観光名所のグランドバザールに行きました。

 

イスタンブール市内を走る路面電車で出かけて行ったのですが、観光名所だからでしょうか、セキュリティが厳しく、金属探知機を通って中に入場しました。

 

グランドバザールの中は宝飾品がたくさん売られていて、きらびやかでした。

迷路のように通路が入り組んでいて迷子になりそうでしたよ。

 

肝心の買い物ですが、グランドバザールの中のお店は値段が高めでしたし、私の好みのものが見つからなかったので、綺麗な宝飾品は見惚れるほど輝いていましたが、何も買わずにグランドバザールを後にしました。

グランドバザールを出ると、路面電車沿いの道をゆっくり歩き、マクドナルドに向かいました。

 

マクドナルドにはハンバーガーを食べに行ったのではなく、トイレを利用しに行きました。

 

外国では出先でトイレに行きたくなると困りませんか?

日本のように、あちらこちらにコンビニはありませんし、そこでファストフードの店のトイレを利用します。

 

しかし、それも有料の場合が多いです。

マクドナルドであれば、何か品物を買い、そのレシートにトイレのドアを開ける暗証番号が印刷されていたりしますね。

 

私はコーラを一杯だけ買いましたが、切羽詰まっていたので、コーラは飲まずに持ったままトイレに座っていました。

 

さて、用を足した後はマクドナルドを出て、グランドバザールに来る時に乗った路面電車沿いの道をゆっくり歩き、カフェテリアでビールを飲むことにしました。

f:id:tototo_tomato77:20210411202732j:plain

 お天気が良かったので、お店の外、道に出ていた席に座って飲むビールは格別でした。

 

このジョッキに入っている量ですが、飲んでみると1リットルくらいは入っている感じだったでしょうか。

 

酒好きな私には、量が多くても麦のエキスが入ったサイダーと同じです。

トルコのビールも美味しかったですよ。

 

さて、ビールを飲み終わるとまた路面電車の線路に沿って歩道を歩き、お守りを買いました。

f:id:tototo_tomato77:20210411193043j:plain

これはトルコでよく売られているお守りなのだそうです。

真ん中にある目が、邪悪なものを遠ざけてくれるのだそうです。

 

実はこれはキーホルダーだったのですが、日本に帰ってきてから道で落としてしまい、割れてしまいました。

接着剤でくっつけて家の中に置いてあります。

 

このお守り、グランドバザールの近く、路面電車沿いの小さなおみやげもの屋さんで買ったのですが、あのお店で働いていたお兄さんは今頃どうしているのでしょうか。

 

世界的に感染の問題が収束しませんから、観光業をされている方は大変な状況だと思うんですよね。

 

トルコのイスタンブールで誕生日を迎えたのは2019年のことでした。

まだ感染の問題が出てくる前のことです。

 

トルコ以外にも外国旅行が好きな私は、いろいろな国や地域に行っていました。

 

感染の問題が収束したら、またどこかに行きたいのですが、これからの私は障害者の枠で働くか、仕事が見つかるまでは生活保護のお世話になりそうです。

 

そうなると、気軽に外国に旅行に行くことは困難になります。

 

しかし、生活保護は一度頂いたことがありますが、病状が回復するにつれて少しずつ自立を目指し、卒業することができました。

 

ですから、二度目の生活保護を申請することになっても、また卒業できるかも知れません。

 

感染の収束と私の病状の回復、そして生まれながらの障害・自閉症スペクトラム障害とも上手く付き合って、またいつか、どこか遠い国で誕生日を迎えられるよう努めていきたいですね。