憂鬱な日曜日

日曜日の夕方です。

日曜日の夕方といえば『笑点』ですが、この時間になると憂鬱な方は少なくないのではないでしょうか。

土日もお仕事で平日がお休みの方もいらっしゃると思いますが、土日がお休みの方も多いことでしょう。

 

日曜日の夕方は憂鬱ではないでしょうか。

明日から仕事だと思うと、日曜日の夕方は最高に憂鬱です。

 

私は学生の頃、高校生まではそうでした。

笑点』のオープニングテーマを聞くと、明日から学校かと憂鬱な気持ちになっていました。

軽妙なオープニングを聞きながら、次の日から始まる学校のことを思い、憂鬱な気持ちになっていたものでした。

 

また、日曜日の夕方といえば、我が家の食卓のメニューはジンギスカンでした。

ジンギスカンは北海道を代表する味覚ですが、札幌生まれの札幌育ちの私の家庭では、日曜日の夕食はジンギスカンを食べることが多かったのです。

 

ジンギスカンに舌鼓を打ちながらも、次の日から始まる学校のことを考えると憂鬱になるという、複雑な心境でしたね。

 

そう考えると、日曜日の夕方から夜にかけての時間帯に放送されるテレビ番組のテーマソングを聞くと、今でも学生の頃の日曜日の夕方、次の日から始まる学校のことを思って感じた憂鬱な気持ちが蘇ってくるようです。

 

日曜日の夕方、夜といえば思い出されるのは、私が小学生の頃のことです。

一時期、私たち家族は札幌を離れ、北海道の地方都市に住んでいたことがあるのですが、父だけが札幌に住み、私、弟、母が地方都市に住んでいた時期がありました。

 

父は週末になると札幌を離れ、私たちが住む地方都市に帰ってきていましたが、日曜日の夕方になると職場がある札幌に戻っていました。

その頃の父の思いも、日曜日の夕方に感じる憂鬱な気持ちだったに違いありません。

 

しかし、私は大学生になると、日曜日は憂鬱ではなくなりました。

月曜日に講義があっても、お昼ころに大学に行けばよかったり、学年が上がると週休三日くらいにもできたりと、日曜日が必ずしも憂鬱であるとは限らなくなりました。

 

ただ、それも大学生の間だけのことで、就職すると日曜日の夕方はやはり憂鬱でしたね。

就職した会社では週休二日で土日が休日でしたから、楽しい楽しい土日を過ごして、月曜日から仕事が始まると思うと気持ちは晴れませんでした。

 

学生のうちは自由でも、働くようになるとそうもいかず、憂鬱な日曜日が復活しました。

 

就職するとストレスも感じるようになり、週末は天国でも平日はそうもいかない。

社会人として働くようになると、ほぼ全ての人がそうだと思います。

 

日曜日の夕方に感じる、何とも言えない気持ち。

そこで時間が止まってほしい。ずっと日曜日であってほしい。去り行く日曜日が名残惜しくて仕方ない気持ち。

楽しい時間が終わりそうな時、それに対する名残惜しい気持ちは多くの方に共通な感情でしょう。

 

今日もまた一つ日曜日が終わりそうです。