今日からALFEEの夏のイベントです~私はALFEEに人生を懸けているんだ!!

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.jp

 

このブログは、にほんブログ村にも登録しています。

スマホ版は記事のページの一番下、パソコン版は記事の右側にバナーを貼っています。

ぜひぜひクリックをお願い致します。ろしくお願いします。

写真はイメージです。

 

さあ!!今日からALFEEの夏のイベントが始まりますよー!!

私は現地には行けませんが、魂は押しかけます。

アル中(ALFEEファン)の間では「魂を預ける」「魂を飛ばす」と言いますが、まだまだ足りません。

私は魂が現地に押しかけます。

暴れますよー。

 

タイトル通り、私はALFEEに人生を懸けています。

立派なキチガイですね。

 

高校生でライブデビューして以来、40年あまり。

中学生の頃からALFEEを認識していましたが、ライブには行けませんでした。

最近は小学生くらいからライブデビューする若いアル中さんもいて、隔世の感を禁じ得ません。

 

高校生でライブデビューした私ですが、ALFEEが好き過ぎてプチ家出もしましたね。

今の若いアル中さんのような、伸び伸びとALFEEを応援できる環境ではなかったのです。

今から40年ほど前、歌番組が全盛の時代、ALFEEはベストテン番組の常連になっていました。

私はALFEEと共演したかったのです。

そこで、アイドル歌手になろうと思いました。

当時、いろんなオーディションがあったので応募していましたね。

それがプチ家出の原因です。

 

私は大学進学率99%の進学校に通っていました。

学年上位の成績の者は東京大学京都大学にも進学するような、ゴリゴリの進学校です。

当然、私も有名大学に進学することを求められていました。

 

にも拘わらず、大学には行かない、アイドル歌手になる、ALFEEに会いに行くと大騒ぎしたので親には怒られましたね。

毎日毎日、揉めていたので高校なんかは辞めてしまえと怒られていました。

それが拗れて家出したのです。

 

結局、担任の先生が間に入ってくれて事態は収束したのですが、私はクレイジーなのです。

キチガイですね。

キチガイ上等です。

50代になった今でも、私はALFEEに人生を懸けていますね。

アル中なら、皆そうですよね。

 

公式のファンクラブにALFEEマニアってあるじゃないですか。

マニア、中国語で書くと「狂」ともいうんですよね。

つまり、気が触れるほどALFEEを愛するということなのです。

 

こういうアル中さん、たくさんいることでしょう。

推しとか、そういう表現もまだまだ手緩いですね。

ALFEEマニアは「ALFEE狂」なのです。

 

それにしても今夜から始まる夏のイベント、無事に開催できて何よりですね。

どんな災厄があろうが、困難があればあるほど「ALFEE狂」のエネルギーは炸裂するのだー!!

クレイジーALFEEマニアの私の魂、現地に押しかけて暴れますよー!!