さっぽろ雪祭り開幕~その2

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

今日もさっぽろ雪まつりについて書きます。

昨日は大通会場の雪像の写真を載せましたが、今日はすすきの会場の氷像の写真を載せながら書きます。

 

まずはこれですね。

魚の氷漬けの氷像です。

私は週に一回、イギリス人の先生に英語を習っているのですが、その先生が”FIsh in ice”と呼んでいました。

先生は20年近く前に札幌に来たそうですが、初めてこの氷像を見た時、驚いたもののブラボーだと思ったそうです。

よく見ると蟹も氷像の中に飾られています。

北海道らしいですよね。

 

次は鳳凰龍神です。

縁起がいい想像上の存在ですよね。

こちらが鳳凰ですね。

こっちが龍神です。

縁起がいいので私はスマホの待ち受け画面に設定しました。

さっぽろ雪まつり、すすきの会場は氷像がオススメですが、どの氷像も透明度が高く透き通っていて綺麗ですね。

すすきのという場所柄、ネオンが氷に反射して輝き、本当に美しいです。

そして次はお馴染みのビール、アサヒスーパードライをイメージした氷像です。

写真だとわかりにくいのですが、スーパードライの右にはニッカウィスキーのキャラクターが氷で再現されています。

お酒好きな私にはたまらない氷像ですね。

氷漬けのアサヒスーパードライ、キンキンに冷えたビールが欲しくなります。

 

次は季節を先取り、おひな様の氷像ですね。

お内裏さまとおひなさまの間に桃の花も差してあるのがわかるでしょうか?

さっぽろ雪祭りは2月4日に開幕しましたが、この日は立春なんですよね。

暦の上では春です。

それでおひな様が登場したのでしょうか。

すすきの会場を一回りして出口付近まで来ると、シマフクロウの氷像がありました。

 

調べてみると、シマフクロウは北海道にしか生息していないんですね。

私は北海道生まれの北海道育ち。

北海道を出たことがありません。

ですから、意外と知らないことも少なくないです。

シマフクロウは北海道のみに生息しているんですね。

いわば、北海道のシンボルといったところでしょうか。

 

さっぽろ雪祭りは2月11日までです。

今回は日中に行きましたが、よく考えると夜には雪像や氷像がライトアップされて綺麗なんですよね。

もう一度、夜に会場に行こうか。

今、考え中です。

なんとか時間を作って行きたいですね。

さっぽろ雪まつり開幕

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

昨日、さっぽろ雪まつりが開幕しました。

三年ぶりの開催です。

私は写真を撮りたくて行ってきました。

 

雪まつりの目玉は何と言っても大雪像ですね。

これは恐竜の大雪像です。

写真だとわかりにくいですが、ティラノサウルスの牙、細かいところまで再現されています。

他にも大雪像はいくつかあって、実際にある建物を再現したものもありました。

これですね。

ナイチンゲールに縁のあるエンブリー荘という建物だそうです。

脇に回ってみても細かいところまで再現されていますね。

次はやはり建物の雪像で、札幌にある豊平館という建物の雪像です。

実際に札幌の中島公園というところにある建物を再現しています。

これですね。

私が撮った実物の写真と比べてみましょう。

入口の辺り、バルコニーのようになっている部分もきちんと表されていますね。

実物の豊平館も壁が真っ白できれいです。

豊平館は明治時代に建てられ、今は国指定の重要文化財に指定されています。

今は結婚式などでも使われていますね。

雪まつりは大雪像が見応えがあって圧巻ですが、小雪像もたくさんあります。

これは、すみっコぐらしですね。

私はすみっコぐらしが大好きなので写真に収めました。

雪像になっても可愛いですね。

それから、これはテレビ父さんです。

テレビ父さんとは、札幌のシンボル、テレビ塔のイメージキャラクターですね。

テレビ塔でグッズも販売されている人気のキャラクターです。

この脱力した表情がたまりませんね。

癒されます。

このお惚けな表情を見ていたら、せかせかせず、のんびり暮らそうという気持ちになりますね。

このように、さっぽろ雪まつりでは大小さまざまな雪像がずらりと並んでいます。

今年は三年ぶりの開催となりましたが、観光客も戻ってきていましたね。

 

さっぽろ雪まつりの会場は、大通公園とすすきのなのですが、大勢の人で賑わっていました。

外国語で会話しながら歩いているグループもいて、外国人観光客だとわかりましたね。

 

札幌市民は意外と行かないのですが、私はお祭り大好きなので行ってきました。

明日はすすきの会場の様子について書こうと思います。

豆まきと恵方巻

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

明日は節分です。

豆まきして恵方巻を食べます。

上の写真は豆まきに使う落花生です。

 

豆まきに落花生を使うのは北海道と東北なんですよね。

私は北海道生まれの北海道育ち。

北海道以外で暮らしたことがないので、節分の豆まきに落花生は当たり前ですね。

 

私は節目節目のイベントが大好きです。

節分もそうですね。

縁起を担ぐというか、恵方巻などは教え通りに食べれば幸せになれると信じています。

 

豆まきは今の家に引っ越してからしていなかったのですが、今年はやります。

恵方巻と合わせて節分パワーに肖りたいのです。

 

恵方巻は北海道が生んだコンビニ、セイコーマートヒレカツ太巻きを予約しました。

ヒレカツ、カツ=勝つですね。

私の今年のテーマは必勝です。

災いに勝ち、幸せを呼び込む。

なんと言ってもこれです。

そこで、ヒレカツ太巻きを食べることにしました。

 

節分が終われば暦の上では春ですね。

気持ちのうえでも春になりたいですね。

カツを食べて勝つ。

そのための恵方巻です。

そういえば節分の次の日、立春に当たる日はさっぽろ雪まつりが開幕する日です。

お祭りは何でも楽しいですね。

春の足音を聞きつつ、見事な雪像たちを眺める。

写真をたくさん撮らなければ。

今から楽しみです。

 

恵方巻を食べて豆をまく。

春に幸運を呼び込むのです。

昔からの知恵ですよね。

目に見えているものが全てではないので、見えない何かに向かって縁起を担ぎたいです。

幸せって目には見えなくても感じ取るものですよね。

そんな幸せを感じ取るために節分があるのです。

一人暮らしですが、豆をまいて恵方巻を食べて幸せを掴むのです。

 

日本は四季がはっきりしているので、節分をはじめとする季節のイベントがたくさんあって楽しめますよね。

節分が終わったらひな祭り。

ひな人形をイメージしたスイーツが出てきますね。

それも食べてみたいです。

 

北海道は春の訪れが遅いですが、気持ちだけは前に進みます。

その一歩めが節分、豆まきと恵方巻ですね。

春の第一弾、幸せを掴むために行動開始です。

昭和レトロを探して

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

 

今日は銭湯の下見をして三軒回ってきました。

下見をするのは初めて行く銭湯でも、場所がわからなくて迷わないように辿り着くためです。

だいたい初めて行く場所なので、実際に行ってみます。

スマホで調べれば住所、地図、交通機関などの情報は簡単に手に入りますが、実際に行ってみるとなかなか見つけられなかったりするんですよね。

ですから下見は欠かせません。

 

上の写真は三軒目に下見に行った銭湯の玄関にある看板ですね。

ちょうど開店の時刻だったので、常連客らしいお客さんがどんどん中に入って行きました。

期待できそうです。

私も早く仲間入りしたいですね。

 

今はスマホで調べれば地図も見られます。

しかし、すぐに目的地を見つけられることもあれば、そうではない時もありますよね。

 

今日の二軒目の銭湯がそうでした。

地図を見ると大きな道路に面しているように見えたのですが、実際に行ってみると看板はあるものの銭湯はありませんでした。

そこで通りを一本中に入って、裏側に回ってみました。

すると、ありましたね。

大きな道路を一本入った、小さな通りにその銭湯はあったのです。

この看板によれば、本日の薬湯は「宝寿湯」だそうです。

私は薬湯が好きなんですよね。

生薬のきつめの香り、肌に感じる刺激、どれを取っても気持ちがいいですね。

この銭湯に行くのも楽しみです。

 

以前はスーパー銭湯的なお風呂屋さんによく行っていましたが、なぜか急に昭和レトロな銭湯にハマりました。

 

昭和レトロな銭湯とは、浴室の壁に富士山の壁画がある、フルーツ牛乳が売られている、かぶるタイプのお釜型のドライヤーがある、洗い場のシャワーはホースがなく固定されている、ケロリンの黄色い桶がある。

こんなところでしょうか。

また、行く時間帯にもよると思うのですが、常連さんがいてそのほとんどは近所に住んでいそうな高齢の方々で占められている。

これも昭和レトロな銭湯の特徴ですね。

 

洗い場にある固定されたシャワーの水圧が低いことも特徴ですね。

私は肩までのセミロングなので、水圧が低いと髪を洗うのが大変です。

シャンプーの泡がなかなか流れないんですよね。

それに、そういうレトロな銭湯だとドライヤーがあっても風圧が弱かったりします。

常連のマダムたちはあまり気にしていないようですが。

 

それでも、昭和レトロな銭湯に私は出かけて行きます。

常連さんが醸し出すのんびりした、静かな、穏やかな、そして人情味あふれる雰囲気が好きなのです。

水圧が低いシャワーで髪を洗うのに苦労しても出かけて行きたいです。

 

下見するのも楽しいですね。

同じ札幌市内でも普段は全然行かない場所の方が多いですから、銭湯に行くことを通じて知らなかった街の顔に触れることができます。

これです。

「湯」の看板。

何とも言えない暖かさが漂ってきます。

下見して場所を確認して、実際に入りに行く。

昭和レトロを探す旅は当分終わりそうにありません。

 

銭湯の下見

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

最近、昔ながらの昭和の銭湯にハマっています。

スーパー銭湯との違いは、料金が安い、比較的小さい、シャンプーやボディーソープの備え付けがない、休憩スペースのレストランなどがない、こんなところでしょうか。

 

私はネットで札幌市内の銭湯を調べ、運転ができないので公共交通機関で行けるところを探します。

スーパー銭湯だと送迎バスが出ているところもありますが、一般的な銭湯だとそうもいきません。

免許はあってもペーパードライバーな私は、自力で行けそうなところを探すのです。

 

送迎バスがあるスーパー銭湯なら、だいたいは地下鉄の駅などで乗車できますが一般の銭湯ではそれができません。

自力で行くことになるのですが、札幌も広いのでネットのデータに住所が書いてあっても実際にはどこにあるのか、よくわからなかったりします。

 

そこで、下見をするのです。

住所とスマホで見られる地図を頼りに、行きたい銭湯がどこにあるのか確かめに行くのです。

上の写真は今日、下見に行った銭湯の玄関に出ている看板です。

地下鉄の駅から更に路線バスで行くところにあるのですが、バスを降りてすぐに見つかりましたね。

 

こんな感じで行きたい銭湯が決まると、下見をして場所を確認してから出かけて行きます。

これから行きたい銭湯は玄関の写真を撮影しておいて、忘れないようにしています。

こんな感じですね。

二枚のうち、上の写真の黒電話のマークがいい感じですね。

昭和の黒電話を連想させます。

最近の若い人はこのマークの意味を知らない人がいると聞いたことがあります。

生まれた時から携帯電話がある世代だとそうかも知れませんね。

公衆電話の使い方を知らない人もいるみたいですし。

 

銭湯はとにかく昭和です。

女湯の常連さんは近所に住んでいると思われる、70~80代の女性が多いです。

チラチラ観察していると、貴重品ロッカーに物を預けない人もいますね。

高価な物は持ってきていないのでしょうが、家の鍵やお財布もロッカーに預けていない様子だったりします。

お財布は入浴料金くらいしか持ってきていないのでしょうか?

ちょっと不思議ですね。

お互いに顔見知りで信頼関係があるのでしょうか?

 

それに、常連の女性たちはスマホは持ってきていないようです。

もし家が近所なら必要ないのでしょうか。

年齢層が見た感じ70~80代ですから、それで普通なのでしょうか。

私はPayPayで入浴料金を払ったりしているので、スマホとお財布はロッカーに預けますね。

最近の銭湯は昭和の雰囲気を残しつつ、入浴料をPayPayで支払えたりして新旧の共存ですね。

 

一番上の写真、今日、下見に行ってきた銭湯です。

看板を見る限りは浴槽の種類が多そうです。

行ってみるのが楽しみですね。

昭和の銭湯巡りはまだまだ続きそうです。

真冬の北海道大学

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

 

私の日課は散歩です。

今日も行ってきました。

今日は母校の北海道大学まで歩きました。

 

上の写真はキャンパス内にあるセイコーマートの二階、イートインスペースの窓から撮りました。

キャンパス内のセイコーマート、私が現役の頃はまだありませんでした。

今は便利な時代になりましたね。

 

セイコーマートの二階のイートインスペース、食事をしている学生はもちろんいますし、勉強をしている学生も多かったですね。

いいですねえ。

二階はイートインスペース、一階は店舗ですからコーヒーが飲みたくなれば一階に行けばいいですし、お腹が空けばお弁当、パン、カップ麺、何でもあります。

学生は思い思いに過ごしていましたね。

ゆっくり食事をしたり、勉強している学生が多かったです。

 

私が現役の頃はこのセイコーマートはありませんでした。

勉強をする時は図書館はもちろんキャンパス内にありましたが、学食にいることが多かったですね。

その方が友達とお喋りもできるからです。

それにセイコーマートにいるのと同じで、学食なら食事もできますし、ちょっとした飲み物もすぐに手に入りましたし。

 

真冬の北海道大学のキャンパス内は雪景色です。

上の写真もそうですが、今日は北18条側から入ったので獣医学部の辺りを通ってキャンパスに入りました。

こんな感じですね。

通り道が除雪されていますが、これ、大学のキャンパスの中ですよ。

普通に雪原に見えますよね。

真っ白できれいです。

北海道大学、一番のポイントはキャンパスが広く自然が豊かなことです。

この中で5年間(私は留年しているので大学生活は5年間だったのです)学生生活を過ごしたので、逆に私は東京に行くと見かける高層ビルのような大学の建物にびっくりします。

 

夏は緑が豊か、冬は冬で雪化粧した美しさ。

こういう大学が母校で良かったと思いますね。

高校から大学に進学する時も東京の大学にも行きたいという気持ちがありましたが、若い頃の数年、伸び伸びとした環境で学問を修める、こういう考え方でも良いのではないかと考えました。

 

卒業してから30年以上経って、キャンパス内は新しく建て替えられた建物もありますが、基本は変わっていませんね。

今日も散歩しながら、あの頃の同級生たちは今は何をしているのかと考えていました。

大学卒業から30年以上経っていますから、自分の子供が大学生、或いは大学を卒業した人もいるでしょうね。

それほどの時間が経ったのですね。

 

私は常にマイペースです。

行きたい時に母校を訪ねて、これからも大切にしていくのです。

 

ALFEE ライブチケット争奪戦

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

イラストはイメージです。

 

いやはや、今日は大変な一日になりました。

私が敬愛するTHE ALFEEの北海道ライブのチケットの先行予約ぶんについて、抽選のうえ当選して手に入れられるか、それとも落選して涙を飲むか、運命の分かれ道の日だったのです。

 

最近のALFEEのチケットは激しい争奪戦です。

まず抽選に申し込んで当選しなければなりません。

 

先行予約で落選しても、その後に何度かチャンスはあるのですが、できれば一回でチケットを手に入れたいですよね。

 

私はラッキーでした。

今日、抽選結果が発表になったのは北海道内公演ぶん、札幌と網走会場ぶんのチケットでした。

私は札幌と網走に当選しチケットを手に入れる権利を得ました。

一緒に行く友人たちも全員当選です。

実におめでたいですね。

 

しかし、今回の抽選は特に網走が激戦でしたね。

落選が意外と多かったですね。

私はTwitterで活動しているのですが、Twitterでも落選したとのツイートや、なんとか手に入れたいので譲渡を求めるツイートが早くも投稿されています。

 

網走、札幌からもかなり遠いですがそもそも会場が小さいと思うんですよね。

1000人ちょっとの定員はALFEEには小さ過ぎます。

それにしても網走まで来てくれるとは。

とはいえ、過去には稚内にも来てくれましたから、私はそう驚いてはいません。

 

この際、網走まで来てくれるなら、北方領土で世界平和のためにライブでもやらないでしょうか。

ロシアと交渉が必要ですが、ついでに言ってやったらいいんですよ。

戦争はお止めなさいと。

世界の平和はALFEEの歌の世界のテーマでもありますし。

 

それは冗談として、網走だとどうしてもALFEEには小さい会場になってしまうのでしょうか。

 

そういえば、2021年に予定されていた会場に苫小牧がありました。

結局、中止になってしまったので、そろそろリベンジが来るのではないかと思っていたのですが、網走ときましたか。

網走、私もALFEEを追いかけて飛行機で飛びますが、苫小牧のリベンジはいつかやってもらいたいですね。

私は幼い頃、数年間、苫小牧に住んでいたことがあるのです。

札幌、或いは北海道の空の玄関口、新千歳空港からも近いですし。

苫小牧は穴場になること間違いなしですね。

 

今はネットでチケットに申し込んで、コンピューターで抽選。

こういう時代になりましたね。

私がライブに行き始めた頃はプレイガイドに並び、早い者勝ちのようなところもありました。

三日くらい前から並ぶ人もいましたね。

 

早い者勝ち、徹夜で並ぶ方がチケットをゲットした!!という興奮のような高揚感のような気持ちがありました。

今のネットで抽選も、通知のメールを開く時にドキドキしますね。

 

さあ、チケットを手に入れたからにはライブの予習でもしましょうか。

一回目で落選してしまったアル中さんは、背水の陣で今後の抽選に臨むのでしょうね。

 

来年のALFEEデビュー50周年に向かってますます激戦になりそうですが、どんなライブパフォーマンスを見せてくれるのか。

今から楽しみで待ちきれません。