BUCK-TICKライブ参戦~チケット管理がすごすぎる!!~ALFEEも真似すればいいのに

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

写真はイメージです。

 

さて、明日から私が敬愛するTHE ALFEEのライブツアーが始まります。

今日は新曲の発売日ですし、ALFEEはメンバー全員が60代後半になりましたが、昔と変わらず精力的に活動を続けています。

明日からライブツアー、それはそれで大変結構なことなのですが、北海道には来てくれないんですよね。

かなり残念です。

ライブは定期的に行って命の洗濯をしなければなりません。

 

そこで、私は11月に開催されるBUCK-TICKのライブに参戦することにしました。

ロックですね。

私はヘビーメタルやロックが大好きなんです。

 

BUCK-TICKもキャリアは長いんですね。

私と同世代の50代、少し上のメンバーだと60代でデビューしてからのキャリアは35年だとか。

なかなかいい感じですね。

若くて活きのいいバンドもいいですが、ベテランバンドの凄さに触れることも大事です。

 

さて、そういう訳でまずはチケットを購入するのですが、とてもユニークな方法でした。

スマホに入れる電子チケット自体は今どき珍しくはありません。

しかし、今回購入したBUCK-TICKのチケットは転売対策なのでしょう、最新の技術が投入されていました。

 

例えばローソンチケットで購入し電子チケットを選択するとローソンチケットのアプリに入りますが、今回私が購入したチケットは外部サービスに登録してIDを作り、そこで顔写真の登録をしてBUCK-TICK専用アプリに電子チケットが入る。

このような形を取っているのです。

 

なんだか凄いです。

今、可能なテクノロジーの全てが結集していますね。

 

顔写真の登録はおそらくチケットのアプリと紐づいているのでしょう。

登録した顔写真はライブの当日、入場の際にチケットを提示する時に本人か確認するために使うのだそうです。

 

転売防止のためですね。

これは素晴らしいですね。

ALFEEにも真似して欲しいです。

 

スマホの機能をフルに活用して、チケットの転売防止を図る。

本当に素晴らしいです。

 

ALFEEのライブのチケットはまずは抽選からですが、落選する人がいる一方で当選して購入したチケットを高額で転売する不届き者が後を絶ちません。

このような転売を防ぐためにも顔写真とチケットを紐づけ、本人確認を厳格にすることはとてもいいことだと思います。

 

私が初めてALFEEのライブのチケットを購入した時は高校生の頃、昭和の頃でしたね。

当然ネットもスマホもない時代です。

チケットは紙でプレイガイドに並んで買うものでした。

その頃から転売があったかは当時高校生だったのでわかりませんが、今のようにネット上で転売されるものはありませんでした。

 

紙チケットも温かみがあっていいものですが、厳密に本人確認して転売を防ぐために最新の技術を使うことには大賛成です。

 

無事に必要なIDを登録し、アプリも手に入れました。

後は当日、楽しむだけですね。

 

この厳格なチケット管理、ALFEEもぜひ真似して欲しいですね。

 

母方の実家があった町に行ってきました

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

 

昨日はブログの更新をお休みしました。

母方の実家があった北海道の地方の町に行ってきたのです。

 

母方の実家、なくなっていましたね。

北海道の昆布の名産地ですが、町全体が鄙びた雰囲気に包まれています。

昔はJRが通っていましたが、今はバスのみです。

線路の跡だけが残っていましたね。

こんな感じです。

ちょうど踏切があった場所ですね。

踏切の遮断機はなくなっていて、人や車は自由に通れるようになっていました。

この踏切の近くに神社があったのでお参りしたのですが、いろんな意味で強烈でした。

お参りしたのですが、神様にご挨拶するための鈴がなく、扉があってその向こうにお賽銭箱がありました。

お賽銭箱が扉の向こうにあるので、扉が開かないかと思って開けようとしたのですが、鍵がかかっていましたね。

つまり普段はほとんどお参りに来る人もいないのでしょう。

それでも、お賽銭を下に置いて手を合わせるだけのことはしてきました。

 

この神社、幼い頃に母方の実家に遊びに行き、夏のある日にそばを歩いていたら夕立に遭ったことがあるんですよね。

その夕立が止むまで軒下で雨宿りしていたことがありました。

その頃から神社は何も変わってなく、何か安らぎのようなものを感じました。

 

母方の実家があった町は北海道のド田舎、小さな小さな漁師町です。

昆布の名産地で、夏になると毎年のように遊びに行っていました。

父と母は地元の人たちに混じって昆布漁を手伝っていましたね。

 

祖父が漁師だったのですが、祖父が作業する小屋が浜にありました。

今はどうなっているのか、見に行ってみると写真のような状態でしたね。

確かこの辺りか、もう少し西側だったでしょうか。

他の漁師さんの小屋もいくつか建っていたはずですが、なくなっていましたね。

今は昔ほど漁は盛んではないのかも知れません。

 

祖父の作業小屋、昆布漁の合間、お昼ごはんの時間になると一家で作業を休み、その小屋でお昼をみんなで食べたものです。

漁師町ですからお昼ごはんも豪勢な海の幸が並びました。

みんな、舌鼓を打っていましたが幼い頃の私は海の幸が苦手でした。

そこで、菓子パンを買ってもらってそれを食べていたものです。

 

昆布漁が盛んだった夏、懐かしいですね。

札幌から高速バスで片道3時間以上。

本当に何もない町ですが、そこには私の幼い頃の思い出がいっぱい詰まっています。

 

大人たちが昆布漁をしている間、従兄弟たちや近所の子供と真っ黒になるまで日焼けしながら浜で遊んだり、漁が終わり家に帰ると近所の川で遊んだり。

 

祖母が昆布漁以外にも畑を持っていたので、祖母について山奥の畑に行ったり。

熊が出るような場所でしたが、昔って大らかですから祖母も普通に連れて行ってくれました。

 

祖父母、伯父、伯母も亡くなり、従兄弟たちも独立して町を離れています。

残っているのは思い出だけになってしまいましたが、母方の実家ということは、私のDNAの半分は小さな漁師町のDNAなんですよね。

3、4時間の短い滞在でしたが、今度はたっぷり時間を取って行ってみたいですね。

 

最後に夕日と海の様子を写真に撮ってきました。

薄曇りなのがちょっと残念ですが、この町の一番の見どころは海です。

海は今も昔も変わることなく、私を迎えてくれたんですよね。

 

明日、母方の実家があった町に行ってきます

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

写真はイメージです。

 

最近の私は小旅行にハマっています。

このブログにも書いていますが、ニセコに行ったりルスツに行ったり。

車の運転ができないので、バスやJRで行ける範囲ですが楽しんでいます。

 

明日は母方の実家があった町に行ってきます。

あった、ですから今はもうありません。

弟に聞いた話ですが、母方の実家は既に取り壊されたそうです。

 

祖父母、伯父、伯母は既に亡く、従兄弟たちもそれぞれ独立してその町を離れています。

今、日本国中で問題になっている空き家問題ですね。

一番年上の従兄が管理していたのですが、何せド田舎の物件で売るに売れず頭を抱えていました。

取り壊されたのは妥当ですね。

もう誰も住むことのない辺鄙な町ですから。

 

それでも、その家が建っていた場所は把握しています。

ド田舎ですから、場所がわからなくなることもありません。

今は更地ですが、どうなっているのか確かめてみたいですね。

 

母方の実家があった小さな町は北海道の昆布の名産地です。

幼い頃は毎年夏になると遊びに行っていました。

とは言っても、遊んでいたのは子供たちだけで、父も母も昆布漁を手伝っていました。

当時はまだ景気もよく、昆布もたくさん獲れましたから大人たちは一家総出で漁をしていました。

 

祖父が漁師だったので、その漁の支度をする小屋が海岸にあったのですが、その小屋があった辺り、どうなっているのか見ておきたいですね。

 

その町は山と海に挟まれた本当に小さな町です。

山にも囲まれているので、畑作も盛んですね。

祖母は畑もたくさん持っていました。

熊が出るような山奥ですが、夏に遊びに行くと祖母の後について畑まで行きましたね。

明日、その畑があった場所まで行けるでしょうか。

最近は人間と熊の距離が近くなり危険です。

危なくない範囲で思い出を追いかけてみたいですね。

 

その町に行くのは何年ぶりか考えてみました。

実に30年近く行っていません。

元夫と結婚した年に行きましたね。

結婚したばかりだったので、互いのルーツを辿ろうということでした。

互いの親類のお墓参りを二人でしていて、母方の実家の先祖が眠るお墓にお参りに行ったのが30年近く前のことです。

 

その頃は祖母もまだ元気にしていました。

伯父夫婦が家を守っていました。

 

今はそこにはもう誰もいません。

北海道は特にそうですが、何百年と続くような家はほとんどありません。

一代限りの家、一代限りのお墓も多いですね。

 

私の今の実家もそうですね。

古くて狭い公営住宅に母が一人で住んでいます。

母が死ねばそこも消滅ですね。

しかし、寂しいとは思いませんね。

一代限りで消える家やお墓、北海道では当たり前なところもあります。

 

消えないのは思い出だけでいいですね。

明日が楽しみです。

明日は帰りが遅くなるので、このブログの更新はお休みです。

明後日、母方の実家があった町を訪ねた話を書こうと思います。

しばらくぶりで新千歳空港に行ってきました

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

今日は北海道の空の玄関口、新千歳空港に行ってきました。

いつから行っていなかったのか思い出せないくらいです。

一番最後に旅行したのは2年前の9月、函館や京都に行ったのですが、その時は函館空港から関西に向かったので新千歳空港は2、3年利用してないですね。

そこで、行ってみることにしました。

 

新千歳空港はJRとも直結していますが、高速バスよりはやや高いのです。

私は最近、高速バス、長距離バスのチケットが買えるスマホアプリを使うようになりました。

そのアプリで買うと、今日は30%引きくらいの料金で新千歳空港に行けるのでバスで行ってきました。

これこれ、この光景です。

2階のロビーから3階、4階へと上がるエスカレーターですね。

これは国内線の様子ですが、国際線のロビーに行ってみるとほぼ人がいなくて寂しい状態でした。

こんな感じですね。

このロビー、4年くらい前に韓国に行った時に使ったんですよね。

韓国、新千歳空港からだと飛行機で3時間くらいです。

外国と言うには近すぎて実感が湧きませんね。

それに、韓国の人って日本人と見た目が同じようなものですから、一瞬、日本にいるままのような錯覚に囚われていました。

韓国語の文字を見て、韓国に来たんだなあと思いましたね。

韓国に着いてホテルまでの移動をした時のタクシーの運転手さんが、日本語ペラペラだったことも外国に来たという感覚が湧いてこなかった理由でもありました。

韓国、また行きたいなあ。

 

それでも、国内線のロビーは混んでいました。

土曜日だからか、移動する人が多いんですね。

 

新千歳空港といえば、何と言っても北海道グルメですね。

空港内には北海道の”国技”とも言える、北海道日本ハムファイターズ直営の飲食店があります。

FIGHTERS DINING ROSTERというお店で、北海道の食材を中心としたメニューがあります。

私はスパークリングワインを飲んできました。

2、3年ぶりの空港ですから気が大きくなってしまいました。

テーブルのデザインが野球をイメージしていますね。

 

空港内には他にもユニークな施設があります。

空港内には温泉もあるんですよ。

その名も「新千歳空港温泉」

この温泉、本格的で寛げます。

私も一度、利用したことがあります。

空港内のホテルに泊まると宿泊客は無料で温泉を利用できるんですよね。

宿泊客以外は利用料がかかります。

また利用したいなあ。

 

今日は午前中のみ、限られた時間での小さな旅行でしたが満喫できました。

私は元来、旅が大好きです。

今は社会情勢的にもまだ制約が多く、思う存分旅をするというのは困難ですが、いつかは羽を伸ばして旅したいですね。

 

今日、人がほとんどいなかった国際線のロビーも賑やかさを取り戻して欲しいものです。

平和と安定がないと旅どころではありません。

旅が気楽にできる時は、平和で安定しているんですよね。

そういう世の中が待ち遠しいです。

PASEO閉店

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

今日でJR札幌駅の地下にあるショッピングゾーン、PASEOが閉店します。

北海道新幹線の工事に伴うもので、再開発の波に飲み込まれたんですね。

PASEOは32年前にオープンしたショッピングゾーンで、私も若い頃よく行きました。

私が通っていた北海道大学からすごく近いので、講義が終わって夜の家庭教師のアルバイトの時間まで時間を潰すのによく行っていたのです。

 

札幌は今、再開発ラッシュです。

北海道新幹線の工事を始めとし、街の中心部の大通地区の古いビルが取り壊され、新しい建物がニョキニョキ建っています。

高層マンションなども目立ちますね。

高層マンション、結構売れているそうです。

どんな人が買うのでしょう。

 

PASEOの閉店、寂しいですね。

青春を過ごした場所がなくなってしまいます。

 

それにしても、札幌の再開発ラッシュ、大丈夫なんでしょうか。

私はやたら高いビルを建てたり、高級なマンションをどんどん造るのは如何なものかと思いますね。

北海道新幹線も、どれだけの需要があるのでしょう。

 

日本はこれから高齢化がますます進み、若い人は減っていきます。

高齢者が増えても若い人も増えるのであればまだしも、そうではありません。

日本の国自体が老齢化していくのです。

増え過ぎた高齢者はいつかは亡くなるとはいえ、次の世代が少なくなっていては日本は衰退に向かうのではないでしょうか。

 

このような未来が見えているのに、立派なビルを建て、高層マンションを増やす。

如何なものかと思いますね。

 

もしかしたら、外国のお金持ちに買ってもらうために建てているのでしょうか。

それもいいですね。

私は老齢化した日本は移民の受け入れも考えなければ、明日はないと考えています。

おばあさんになった私が介護が必要になって、お世話してくれるのは外国の方。

全然いいですよ。

頼りない日本人よりは気の利いた外国人と楽しくやりたいです。

 

今、必要なのは立派なビルや高級なマンションではなく、介護施設です。

その後はお墓の需要が増えるでしょうね。

日本は国自体が終活に向かっているのです。

 

その原因はいろいろありますが、やる気のない人が増えましたよね。

困っている人を助けてあげない人が増えました。

皆、ストレスが溜まっているのか、自分より弱い者をいじめて鬱憤を晴らす者が増えました。

 

こんな日本は見たくないですね。

他の国になってしまっても、私は全く困りません。

その方がいいかも知れませんね。

 

 

朝勉

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

写真はイメージです。

 

昨日はブログの更新をお休みしました。

今日は珍しくお昼に更新しています。

 

さっきまで”朝勉”をしていました。

今日は2週間ぶりの英語のレッスンに出かけます。

その前に時間があったので、先に英語の勉強をしていました。

字幕に頼らず洋画を見ることで主にヒアリングの勉強ですね。

 

朝勉、私が学生の頃、高校生の頃から実践している勉強法です。

夜更かしして勉強するよりも、思い切って早く寝て、早起きして勉居した方が頭が冴えて効率がいい。

やってみてそう感じていました。

 

私は同級生の99.8%くらいが大学に進学する進学校に通っていました。

勉強するには申し分ない環境でした。

創意工夫をこらし少しでも勉強を進める。

朝勉に取り組むのもその一環だったのです。

 

私の家は高校から遠く、通学時間も勉強の時間でしたね。

地下鉄に乗っている時間は参考書を開いて、主に暗記もの、歴史の流れや英単語、化学式などを覚える時間でした。

 

朝勉、何をするかというと、その日の授業の予習やその前の日、終わらなかった内容の続きに取り組むとかですね。

 

その習慣が未だに抜けないので、今日も朝勉してみました。

勉強って楽しいですよね。

 

勉強はこの年齢になっても楽しいです。

私は勉強が好きなんです。

知らなかったことを知り、できなかったことができる、解けなかった問題が解けるようになる。

これが勉強の魅力ですね。

 

上述のように、高校生の頃は勉強するのに申し分ない環境でした。

勉強とは時間を効率よく使ったり、複数の物事を同時に処理する方法を学ぶことなんですよね。

よく、学生の頃、大人になったら勉強は何に役立つのかという疑問を持つ子供がいますが、勉強は役に立つのです。

時間の使い方や物事の処理のやり方を訓練する。

これが勉強の意味ですね。

もちろん、基本的な教養を身につけることは言うまでもありません。

 

勉強は知的好奇心を刺激してくれます。

だから私は勉強が好きですね。

時間は限りある資源ですから、無駄遣いしないようにしなければなりません。

そのための朝勉ですね。

 

朝に勉強を済ませておけば、そのぶん後から他のことができます。

夏休みの宿題のように、先に済ませておけば後から好きなことをする時間も作れます。

朝勉、早起きは三文の徳といったところでしょうか。

 

国葬の日の過ごし方

本編の前にご案内です。

このブログ「とまとの呟き」の姉妹版、小説も公開しています。

「とまと文学部」では『喫茶プリヤ』という作品を書いています。

下のバナーをクリックで物語が読めますよ。

バナーのリンクは第一話めですが、パソコン版、スマホ版ともにページの一番下に二話め以降のタイトルが出ています。

そこをクリックで二話め以降が読めますよ。

よろしくお願いします。

tomatoma-tomato77.hatenablog.

写真はイメージです。

 

今日は国葬の日でしたね。

皆さん、自身の思想信条に沿って思い思いに過ごしたと思います。

 

私はいつもの通り、お風呂屋さんに行ってきました。

火曜日と金曜日はお風呂屋さんに行く日です。

 

なぜ、お風呂屋さんに行くのか。

それは、精神障害があり精神疾患を治療している私は、精神障害あるあるでお風呂に入るのが億劫だからです。

一番つらかった時は、三週間お風呂に入らず寝たきりだったこともあります。

 

お風呂に入らないと不潔になり、免疫力が下がるとメンタルの医師に教えてもらったこともありました。

今のメンタルの主治医ともお風呂のことを話し合っています。

 

お風呂が億劫。

放っておけば私はお風呂に入りません。

そこで主治医と相談して、お風呂をイベント化してはどうかということになったんですよね。

 

そういういきさつで、火曜日と金曜日はお風呂屋さんに行っているのです。

貴重な外出ができる機会にもなっています。

 

このような訳で今日はお風呂屋さんに行ってきました。

それ以外、何もないですね。

世の中は国葬で大騒ぎしているのかあ、といった感じでしたね。

 

国葬が何時から始まるかも知りませんでしたから、サウナに入ればテレビで見られるのかなくらいに思っていました。

後から知りましたが14時からだったんですね。

その時間には私はもうお風呂屋さんを後にしていました。

 

さて、では家に帰って来てからはどうでしょう。

テレビをつけてみると、国葬、やってましたねえ。

実況生中継です。

 

しかし、チャンネルを変えました。

私は国葬に賛成ではありません。

反対でもありません。

ただただ、興味がありません。

 

テレビのチャンネルをいろいろ変えてみたら、テレビ北海道テレビ東京の系列ですが、その放送局で中国のドラマを放送していました。

やっぱり、これですね。

私はお風呂屋さんから帰ってくると何か食べるのですが、美味しくいただきながら中国のドラマを見ていました。

普段見ている放送局ではないので、何のこっちゃ、内容が全くわかりませんでしたが、これでいいんですよ。

テレビ東京の我が道を行くの姿勢は高く評価できますね。

 

私は政治に対しては保守より変化を求めています。

しかし突出している訳ではありません。

私は右でも左でもなく、左右に揺れながらバランスを取るやじろべえなのです。

それでも言えることは、死んだ父の言っていたこと、困っている人、弱い人を助けてあげられる人間でいたいですね。

ただそれだけです。