初めてスタバに行きました

このブログは、にほんブログ村にも登録しています。

スマホ版は記事のページの一番下、パソコン版は記事の右側にバナーを貼っています。

ぜひぜひクリックをお願い致します。ろしくお願いします。



今日は初めてスターバックスコーヒーに行ってきました。

以前から入ってみたいとは思っていたのですが、スターバックスっていつも混んでいますよね。

空席があっても隣の人とすごく距離が近かったりして、なんだか落ち着けない感じでしたし、行く機会がなかなかありませんでしたが、今日行くことができました。

 

今日は銀行に口座の解約のため出かけていたのです。

午前中の早い時間に予約を入れたのですが(今の大手都市銀行って、窓口に用件がある場合は予約を入れることが奨励されているようですね)意外と早く手続きが終わりました。

 

そこで、銀行を出た後、近くにあるスタバに入ってみたのです。

しかし、よく考えたら外国でならスタバに入ったことがありますね。

多分、あれはスタバだったと思うのですが、トルコのイスタンブールで入ったことがあります。

それは旅先での特別な状況ですから、普通に入ったのは今日が初めてですね。

 

上の写真のようなストロベリー&ユースベリーティーを注文しました。

下にシロップが沈んでいて、よくかき混ぜて飲むのですが、いちごジャムのような味わいでしたね。

 

平日の午前中だからか、スタバは空いていました。

午前中は眠くて苦手な私ですが、この時ばかりは早起きは三文の徳だと思いましたね。

精神疾患あるあるですが、午前中は眠くなったり、油断すると昼夜逆転の生活リズムに陥りがちです。

私も主治医と相談して、生活リズムを整えるにはどうしたらよいか気をつけています。

 

そのために散歩をしたり、引きこもりにならないように外に出るよう努めています。

そんな感じですから、スタバの後は散歩をしました。

小学生の頃に住んでいた地区を目指してスタバを出発、歩いてその地区を目指しました。

 

小学生の頃に住んでいた辺り、普段は行かなくなりましたね。

今は地下鉄が走っていますが、私が住んでいた頃は地下鉄がまだ通っていませんでした。

 

てくてく歩いて行くと、通っていた小学校はあったのですが、毎日遊びに行くようにして行っていた駄菓子屋さんはなくなり、住んでいた家があった場所には新しいマンションが建っていました。

そして、お世話になっていた病院もなくなっていて、分譲マンションが建設中でしたね。

 

その病院は、私が小学生の時に離人症になり、体調が悪くなってから何度か診察を受けた病院でもあります。

私の両親はもう80代後半の古い世代です。

当時、私が精神に変調を来しているとは思わなかったのでしょう。

私を内科の開業医の先生に診せていました。

 

違うんですよねえ。

体を診察してもどこも悪くなければ、ストレスなどの精神の問題だとは思わなかったのでしょうか。

この問題は未だにしこりとなって、私の心に残っています。

 

そんなことを考えながら、日課の散歩も兼ねて小学生の頃を過ごした町をぶらぶらしてきました。

初挑戦のスタバに一歩踏み出し、その後は過去を辿って散歩。

今日は過去を辿りつつも、新しいものにも挑戦できました。

 

小学生の頃に住んでいた町も新しいマンションが建ったりして、進化しているようです。

時間は過去から未来に向かって一方通行しかないので、楽しく未来に向かう流れに乗りたいですね。

 

スタバ、メニューがたくさんあって注文する時に戸惑ってしまいますが、次に行く時はもう少しスマートに注文できるよう、ネットでメニューを見たりして予習して行きたいですね。